ザ・ローリング・ストーンズ展

THE ROLLING STONES EXHIBIONISM, TOKYO
写真・エッセイ/織田城司 Photo & Essay by George Oda

イントロダクション

会場入口の装飾

◆ストーンズ自らプロデュースした大規模な企画展

イギリスのロック・バンド、ザ・ローリング・ストーンズの企画展が2019年3月15日〜5月6日まで、東京のTOC五反田メッセで開催されている。

メンバーは70歳代後半ながら、現役で音楽活動を続け、今でもスタジアムを満杯にできる数少ない存在である。今回の企画展も自らプロデュースした。

内容は半世紀以上に及ぶ音楽活動に使用した品々を500点以上集めた大規模な企画展である。開催地は2016年のロンドンを皮切りに、ニューヨーク、シカゴ、ラスベガス、ナッシュビルの5都市を巡回。述べ100万人を動員した。

待望の東京展はアジアで唯一の開催になる。その中から、音楽を支えたアートやコスチュームの歴史をたどり、創作の背景を探訪した。

(展示品の写真撮影は、ノーフラッシュなら可能)

会場入口の装飾。記念撮影スポット。
会場入口の装飾裏面。記念撮影スポット
会場入口の装飾。記念撮影スポット
展示場の入口。展示をショーに見立てたビデオアート
無数のデジタルサインの動画が絶えず入れ替わるアート
無数のデジタルサインの動画が絶えず入れ替わるアート

ルーツ

ロンドンで1962年に結成された当時の暮らしを再現するコーナーの入口
1962〜63年にかけてメンバーが共同生活したアパートの再現

◆独自のサウンドを探して

ザ・ローリング・ストーンズは1962年にロンドンで結成された。メンバーはアパートで共同生活をはじめ、ライブハウスで修行を積み、1963年にレコードデビューを果たした。

展示会場の冒頭では、その頃のアパートの部屋が再現されている。貧乏暮らしの雑魚寝である。テーブルの上に置かれたアメリカの黒人ブルースのレコードが唯一の宝物だった。

当時、アメリカの黒人ブルースのレコードはロンドンで流通していなかった。音楽仲間から評判を聞きつけたミック・ジャガーとキース・リチャーズは、どうしても聴きたくなり、わざわざアメリカからレコードを取り寄せた。少数派のブルース・マニアとして、サウンドの研究を続けた。

しかし、レコードデビューすると、会社からアイドル路線を強いられ、好きなブルースの演奏はできなかった。その前年にデビューしたビートルズの人気で、一大バンドブームが起きていたからだ。

市場はすぐに飽和状態となり、ブームが去ると、ビートルズは路線変更。華麗で芸術的な音楽を創造した。

ストーンズはそれに翻弄され、模倣と失敗を繰り返した。悩んだ挙句、好きなブルースに戻り、シンプルでノリいいロックにモダナイズすることに成功。独自のサウンドを確立した。テーブルの上のレコードは、初心の大切さを物語っている。

1962〜63年にメンバーが共同生活したアパートの再現。プレイヤーの上にマディー・ウォーターズのレコードが置かれている
1962〜63年にメンバーが共同生活したアパートの再現。テーブルの上にチャック・ベリーやボ・ディドリーのレコードが置かれている
1960年代の公演ポスター
短編映画『ギャザー・ノー・モス』(1965年/日本未公開)のポスター
『ザ・ローリング・ストーンズ・ブック』1〜30号、1964年6月〜1966年11月
1960年代の公演ポスターやチラシ
T.A.M.I.ショーの第1回目ポスター、1964年

愛用楽器

キース・リチャーズの使用ギター

◆楽器に込めた思い

愛用楽器の展示は、かつて音楽雑誌で見た、憧れのギターを間近で見る感動があった。キース・リチャーズのギターは、自分の誇大妄想が膨らんでいたのか、実物は小さく感じた。

展示コーナーにキース・リチャーズの以下のコメントが表記してある。「ギタリストにとって重要なのは指板、そしてネックなんだ。どんな感じで手になじむか。それは個人的なものだ。それは一足の靴みたいなものだ。」

キース・リチャーズの身長は177㎝だそうだ。イギリス人としては大きくない。ステージのパフィーマンスを考え、自分にとって無理のない大きさのギターを選んでいたことを感じる。

1963年にキース・リチャーズが最初に買ったエレキギター。ハーモニー・メテオ・H70
キース・リチャーズの1960年製メイトンEG240
キース・リチャーズが1963年に購入したエピフォン・カジノES-230TDV。1960年代初期のレコーディングやライブで使用。中が空洞で、大きな会場ではハウリングやフィードバックが発生しやすいことからソリッドギターに変更していった
キース・リチャーズの1960年製ギブソン・レスポール・ジュニア。1970年代から80年代にかけて使用。シンプルでお気に入りのタイプ
ロニー・ウッドのゼマイティス製カスタム・ギター。彫刻家ダニー・オブライエンによる銀細工が施してある
ロニー・ウッドのゼマイティス製カスタム・ギター。真珠貝の装飾が施されている
ロニー・ウッドの1956年製ギブソン・レスポール・スペシャル。塗装はバター飴と呼ばれたカラー。白黒テレビしかなかった時代に「テレビ映え」するコントラストを意識した配色。真っ白を使うと当時の画面はハレーションを起こしたため、白度を抑える工夫だった
ミック・ジャガーの1963年製ギブソン・ハミングバードとハーモニカ
ミック・ジャガーのハーモニカ。ブルース用の市販品が多い
ミック・ジャガーの1963年製ギブソン・ハミングバード。フォークやカントリー調の曲の作曲に使用
チャーリー・ワッツのラディック製ドラムセット。色はパール調スカイブルー。1965年から68年にスタジオとライブで使用
1960年代後半から70年代初期のレコーディング風景の再現。ロンドンのオリンピック・サウンド・スタジオのイメージ
1960年代後半から70年代初期のレコーディング風景の再現。ロンドンのオリンピック・サウンド・スタジオのイメージ
1960年代後半から70年代初期のレコーディング風景の再現。ロンドンのオリンピック・サウンド・スタジオのイメージ
1960年代後半から70年代初期のレコーディング風景の再現。ロンドンのオリンピック・サウンド・スタジオのイメージ

アートとデザイン

宣伝用ポスターの展示

◆アーティストと協業したヴィジュアル・マーチャンダイジング

ミック・ジャガーはレコードジャケットやポスターなど、音楽のプロモーションツールに視覚芸術を取り入れ、説明的なものから観賞用のものに飛躍させた。

そのために、自らキュレーションの陣頭指揮にあたり、時代感とサウンドを象徴するアーティストを探し、コラボレーションを続け、ロック史に残る優れたアートワークを残した。

アルバム『スティッキー・フィンガーズ』のジャケット(1971年)。コンセプトはアンディー・ウォーホール。ポップアートらしい実物のジッパーを使ったデザイン

◆アンディー・ウォーホール

アメリカ人芸術家(1928〜87)。ポップアートの騎手として1960〜70年代に時代の寵児となる。

ミック・ジャガーと親交があり、1970年代にアルバム『スティッキー・フィンガーズ』と『ラブ・ユー・ライブ』2作のジャケットで協業している。ロックを感じる荒れたタッチの元画像はポラロイド写真。大衆品をアートにしたウォーホールらしい手法である。

アルバム『メインストリートのならず者』(1972年)のジャケット。コンセプトはロバート・フランク
アルバム『メインストリートのならず者』(1972年)の中ジャケット
アルバム『メインストリートのならず者』の写真を手がけたアメリカ人写真家ロバート・フランクの写真集『ジ・アメリカンズ』(1956年)の参考展示。序文は小説『オン・ザ・ロード』の著者ジャック・ケルアック

◆ロバート・フランク

アメリカの写真家(1924〜)。会場に参考展示された写真集『ジ・アメリカンズ』はストリート・スナップの教科書的存在といわれている。

アルバム『メインストリートのならず者』を完成させたミック・ジャガーとチャーリー・ワッツは、アメリカン・テイストの乾いたサウンドに合ったジャケットのアイデアを模索。ロサンゼルスの書店でロバート・フランクの写真集を見つけると仕事を依頼した。

ジャケットに使うコラージュ写真が出来上がった後、ミック・ジャガーが「ところでフランクさん、タイトルロゴのデザインはどうするの?」と尋ねると「君がサインペンで書けばいい」と言われ、それに従った。

ミック・ジャガーがサインペンで書いたアルバム『メインストリートのならず者』のタイトルロゴ。
アルバム『山羊の頭のスープ』(1973年)のジャケット。イギリス人写真家デヴィット・ベイリーの作品。透けるスカーフを顔にかぶせ、ドライヤーで風をあてながら撮影

◆デヴィット・ベイリー

イギリス人写真家(1938〜)。ファッション・シューティングが得意で、1960年代に『VOGUE』などのファッション雑誌に写真を提供。

当時は売れっ子で、イタリアの映画監督ミケランジェロ・アントニオーニがカンヌ映画祭でグランプリを獲得した映画『欲望』(1967年)に登場するファッション・フォトグラファーの元ネタになった。そんな勢いもあり、カトリーヌ・ドヌーブと結婚していた時期がある。

ポートレート写真に独自のセンスがあり、1960年代初期にストーンズのアルバムジャケットを何作か手がけた。

1970年代半ば、ストーンズの音楽性がアメリカからヨーロッパに回帰すると、アルバム『山羊の頭のスープ』のジャケット写真の撮影で再び協業した。

アルバム『山羊の頭のスープ』(1973年)の中ジャケット。イギリス人写真家デヴィット・ベイリーの作品
アルバム『ラブ・ユー・ライブ』(1977年)のジャケット。コンセプトはアンディー・ウォーホール
アルバム『ラブ・ユー・ライブ』(1977年)の中ジャケット試作
アルバム『ラブ・ユー・ライブ』(1977年)のジャケット用素材。ポラロイドカメラで撮影したメンバーのポートレイト
アンディー・ウォーホールのミック・ジャガーのポートレイト(1975年)
アンディー・ウォーホールのミック・ジャガーのポートレイト(1975年)
アンディー・ウォーホールのミック・ジャガーのポートレイト(1975年)
アルバム『女たち』のアルバムジャケット(1978年)。コンセプトはアメリカ人のピーター・コリストン。カツラや下着の広告のパロディー
アルバム『女たち』のアルバムジャケットの試作品
アルバム『女たち』の宣伝ポップとポスター
ライブの記録映画『ギミー・シェルター』(1970年)のポスター
トレードマーク(1971年)。デザインはイギリス人グラフィック・デザイナーのジョン・パッシェ。ミックジャガーから依頼された舌を使ったコンセプトをデザイン化
1970年〜72年のライブツアーのポスター。原画はジョン・パッシェがデザインしてエアブラシで描かれている。あえてアーティストを出さずにツアーを感じさせるコンセプト
1970年代〜90年代のライブツアーのポスター
1970年代〜90年代のライブツアーのポスター

スタイル

衣装カテゴリー「キングズロード」の展示

◆ロックスターを装った歴史

ストーンズが使用した衣装の展示は質と量が充実。年代順の展示もわかりやすい。大衆が望むロックスターのイメージに、いかに答えようとしてきたかの歴史を一堂に見る。

展示コーナーに表示されたミック・ジャガーの以下のコメントに、その哲学が凝縮されている。

「イメージは物凄く大事だよ。とかくミュージシャンは、肝心なのは音楽だけだなんて言いたがるけれど、もちろん違う。何を着て、どんなルックスで、どう振る舞うか、そういうものすべてが肝心なんだ」

◆キングズロード

1960年代の衣装を集めたコーナー。60年代後半のものが多い。当時のロンドンの流行、サイケデリックやヴィクトリアン・リバイバルの影響が見られる。それらの流行服を扱うブティックが集まっていたキングズロードがカテゴリーのタイトルになっている。

手前)ミック・ジャガーのパープルのベルベット・スーツ。ロンドンのオールソップ・ブリンドル&ボイル製1969年頃
ミック・ジャガーのパープルのベルベット・スーツ。ロンドンのオールソップ・ブリンドル&ボイル製1969年頃
中)ミック・ジャガーの刺繍入りコートとフリル付きシルクシャツ。ミスター・フィッシュ製1965年頃。右)ミック・ジャガーのミリタリー・ジャケット。M&Nホーン社製1965年頃
手前左)ミック・ジャガーのストライプ・ジャケット。トミー・ナッター製1972年。手前中)チャーリー・ワッツのグリーンのチェックスーツ。グラニー・テイクス・ア・トリップ製1966年頃。奧中)キース・リチャーズのフラワージャカード入りベルベット・ジャケット。グラニー・テイクス・ア・トリップ製1966年頃
手前左)ミック・ジャガーの模様入り綿ベルベット・ジャケット。デザイナー不明1965年頃。手前中)ミック・ジャガーのペイズリー柄ジャケット。ノーマン・ハートネル製1968年。奥左)ミックジャガーのベルベット・バイアス・チェック・ジャケット。グラニー・テイクス・ア・トリップ製1966年頃。奥中)ミック・ジャガーのギンガム・チェック・スーツ。ブレーズ製1963年頃。奧右)ミック・ジャガーのオレンジ色をベースにしたシルク・ジャカード・ジャケット。デザイナー不明1966年
中)ブライアン・ジョーンズのベルベット襟付きグレー無地ジャケット。ジョン・スティーブン製1963年。右)ブライアン・ジョーンズの千鳥格子ジャケット。デザイナー不明1963年製

◆グラム

衣装カテゴリー「グラム」の展示

1970〜80年代の衣装を集めたコーナー。ファッションの流行は70年代に入るとロンドン・ファッションが燃え尽き、アメリカン・テイストのリラックスしたカジュアル・スタイルが広がった。ストーンズの衣装もその影響が見られ、80年代に入るとスポーティーな要素が加わった。

左)チャーリー・ワッツのパッチワーク付タンクトップ。デザイナー不明1972年頃。右)ミック・ジャガーのオメガ・プリントTシャツとケープ。オジー・クラーク製1969年
ミック・ジャガーのジャンプスーツ。3色ともにオジー・クラーク製1972年
中)ミック・ジャガーのピンク・サテンのスーツ。コートランド製1970年頃。右)チャーリー・ワッツのストライプスーツ。トミー・ナッター製1975年
ロニー・ウッドのスウェード・ブルゾン。1976年にデヴィッド・ボウイから譲り受けたもの
ロニー・ウッドの毛皮のコート。トムソン製1975年頃
左)ミック・ジャガーのベロマーク付きブルゾン。デザイナー不明1989年。中)ミック・ジャガーのエスニック柄ジャカード・アンサンブル。ジョルジョ・ディ・サンタンジェロ製1975年。右)ミック・ジャガーのケープとストライプ・パンツ。メアリー・マクファデン製1974年
左)ミック・ジャガーのユニオン・ジャックのケープ。クリッシー・ウォルッシュ製1981年頃
手前)ミック・ジャガーのアスリートルック。ジャケットはアースリー・デライツ製1982年頃。パンツはアンソニー・プライス製

◆スペクタクル

衣装カテゴリー「スペクタクル」の展示

1990〜2000年代の衣装を集めたコーナー。大衆のストリートスタイルの進化で、ロックスターの衣装にさらなる進化を感じたミック・ジャガーは著名ファッション・デザイナーと取り組み、独創的な服づくりを追求。その成果は絢爛豪華なオートクチュールや舞台衣装の境地に達している。

手前左)ミック・ジャガーの赤いスパンコールとビーズ付きコート。デザインはアレクサンダー・マックイーン。仕立てはサビルロウのハンツマン製2002年。手前右)ミック・ジャガーのスパンコール付きコート。写真のモチーフはロシア皇帝ニコラス二世の娘。デザインはアレクサンダー・マックイーン製1997年。奧右)キース・リチャードの動物柄コート。デザインはフレッチャー・ジョイス製1994年
左から2番目)ミック・ジャガーのシルク・キルティング・コート。デザインはアレクサンダー・マックイーン製2005年。中)キース・リチャードのシルク・プリント・ロング・シャツ。デザインはジョウニー・チャー製1997年。
左)キース・リチャーズのミリタリーコート。ウエスタン・コスチューム製1994年。中)ミック・ジャガーのオレンジ・シルク・コート。デザインはジョン・リットモンド製1993年。奧右から2番目)キース・リチャードの星形刺繍ジャケット。デザインはサン・ローラン・パリの依頼を受けたエディ・スリマン製2014年。奧右)ミック・ジャガーのゴールド刺繍ジャケット。デザインはローレン・スコット製2013年。デザインの着想はクリムト
ミック・ジャガーの蝶柄のスパンコール付きジャケット。デザインはローレン・スコット製2013年
ミック・ジャガーのスパンコール付きテールコート。デザインはディオールの依頼を受けたエディ・スリマン製2002年。ユニオンジャックをオーバーラップさせたスパンコールは鎧のような作りだが、背中や肘にアクション・プリーツを入れることで派手なステージアクションの運動量を確保している
ミック・ジャガーのスパンコール付きテールコート。デザインはディオールの依頼を受けたエディ・スリマン製2002年
左)ミック・ジャガーの刺繍入りロングコート。デザインはアレキサンダー・マックイーン製1997年。左から2番目)ミック・ジャガーのテールコートとハット。デザインはジャンニ・ベルサーチ製1994年。中)ミック・ジャガーのシワ加工を施したシルクのケープ。デザインはマーヴィン・スキリクティング製1997年
右)ミック・ジャガーのフェザーコートとハット。コートのデザインはプラダ製2005年

バックステージ

キース・リチャーズがステージで使うギタースタンドの再現

◆偉大なるショーマンの軌跡

展示品の数々は、ストーンズのスタッフになったような臨場感があった。その創作に協力したアーティストやデザイナーの作品の変遷に、戦後の大衆文化の半世紀を見る体感があった。

バンドリーダーのミック・ジャガーは常に「今までやっていないこと」にこだわり、時代を切り開いてきた。そのために、ノスタルジーやリバイバルは封印してきた。膨大なアーカイブは、過去に似たような作品をつくっていないか確認する役割もあったと思う。

それにしても、物持ちの良さに驚く。ロックスターはステージで物を壊し、すぐに捨ててしまうイメージを持っていたが、ストーンズは几帳面に保存していた。バンドの運営会社のサポート体制に感心する。

そこから見えてくるのは、ミック・ジャガーの実業家としての力量と、偉大なるショーマンとしての才能である。

キース・リチャーズがステージで使うギタースタンドの再現
ロニー・ウッドがステージで使うギタースタンドの再現
ロニー・ウッドがステージで使うギタースタンドの再現
バックステージの再現
日本語版図録
会場入口の装飾
会場入口の装飾